Archive forApril, 2008

この味噌うまいの?

バッハの曲を聴かせた味噌って言うのがあるそうです。

聞かせたから美味くなるのかどうかは知りませんが、なかなかおもしろそうです。

ちょっと値段が高いですが、味噌汁にして一回位は飲んでみたいきもします^^

ヤフーニュースより引用

山形市のしょうゆ・みそ製造販売会社、丸十大屋が、約150日の熟成期間中、蔵の中でバッハを聴かせた高級みそ「バッハの愉楽 響一楽(きょういちらく)」(300グラム、630円)を新発売した。

 酒蔵でモーツァルトを流す酒造会社があると聞き、バッハファンの佐藤知彰社長(45)が、昨年4月に発酵蔵にスピーカーを設置。お気に入りの「ブランデンブルク協奏曲」など、連日バッハを流した。

 米も大豆も山形県産にこだわり、まろやかな味になったが、「バッハを聴けば人もみそも角が取れて丸くなる」と味はバッハのおかげと佐藤社長は主張。

山形市 しょうゆ みそ 製造販売会社 約150日 熟成期間 蔵の中 バッハ 高級みそ まろやかな味

Comments off

白熱灯が無くなるそうだ

白熱灯がその内なくなっちゃううなんて残念です

 環境問題で省エネのためにしょうが無いかもしれないですが、なんか残念ですね。

 白熱灯ってけっこうレトロ的な光で好きなんですけどね^^

ヤフーニュースより引用

甘利明経済産業相は5日、北海道洞爺湖町で開かれた「地球温暖化問題に関する懇談会」で、「平成24年までに家庭用照明の白熱灯を省エネタイプの電球型蛍光灯に総入れ替えしたい」と述べ、白熱灯を全廃する意向を表明した。

 産業界に比べて家庭部門は温暖化対策が遅れており、消費電力が少ない電球型蛍光灯の普及をさらに進めることで、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出を削減する。電球型蛍光灯は、価格の高さがネックになっており、今後、家電メーカーや販売店で統一組織を設け、製造コストの削減など具体的な普及策を検討していく。

タグ:甘利明経済産業相 北海道洞爺湖町 地球温暖化問題 懇談会 家庭用照明 白熱灯 省エネタイプ 電球型蛍光灯 産業界 温暖化対策

Comments off